赤山地下壕改築計画

2016 千葉県建築学生賞 最優秀賞 / JIA全国出展作品

[metaslider id=855]

赤山地下壕改築計画  戦争遺跡を活用した館山市シティーホールの提案
中西芳樹(なかにし よしき)
 千葉大学・工学部・都市環境システム学科

中西芳樹 終戦から70年以上が経ったことにより、実際の戦争をイメージし、その経験を次世代へ語り継ぐことのできる人が少なくなってきている。そのため、それぞれの地域で戦争と平和について考える機会を創出し、関心を広げていくことが不可欠となってくる。本提案では、千葉県館山市の代表的な戦争遺跡である「赤山地下壕」を、防災拠点・学習の場・交流の場、という三つの機能を兼ね備えた市役所「館山市シティホール」へ生まれ変わらせる。人々から失われつつある戦争への関心を普及させながら、市民の暮らしを彩る戦争遺跡のあり方を提案する。

作品シート1

作品シート2

ページ上部へ戻る