建具室礼亭

[metaslider id=413]

建具室礼亭
岡田遼(おかだりょう)
 日本大学 生産工学部 建築工学科

岡田遼 「建具」を題材に考える。建具は空間の領域を拡張または縮小して個々の室礼を作り出し、それらが集まることにより、生活に豊かな変化を生み出してきた。
 しかし現在の住空間は、部屋を壁で仕切ることで構造的に強化はされるが自由度は低くなったと言える。
そこで、建具のみで構成される建築を考え、賃貸に落とし込む。その名も建具室礼亭だ。建具を建築そのものにすることで賃貸住民は自らの生活スタイルに合った規模の領域を建具で築く。また、周辺住人も1間だけ賃貸し持家では出来なかった暮らしを始めることが出来る。建具室礼亭は、賃貸住人、周辺住人2種類のニーズにフレキシブルに応えることができ、新しい賃貸として将来を担っていく。

作品シート_1

作品シート_2

ページ上部へ戻る