伝統的職住一体集合住宅

[metaslider id=395]

伝統的職住一体集合住宅
志萱侑太(しがやゆうた)
 日本大学 理工学部 海洋建築工学科

志萱侑太 日本は世界でも類を見ない超高齢化社会を向かえています。
しかし、その一方で都市部において、それらの社会問題と建築・まちとの不適合化しています。
商業化が進むことで、高齢者の居場所が減少しています。現在の都市構造では高齢化した未来を受け入れることが難しくなると同時に、まちが対応できずに衰退していくと思います。
高齢化に伴い、生産年齢人口の減少も意味します。つまり、高齢者が働くことが望まれる社会状況を向かえる未来は遠くないと考えます。働く高齢者というライフスタイルの器となる建築を提案する必要だと考えます。
両者の抱えることに目を向けて、超高齢化社会を生きる人の支えとなる建築を目指します。

作品シート_1

作品シート_2

ページ上部へ戻る