都市と建築の連続性を持つ空間の提案

2017 千葉県建築学生賞

[metaslider id=1207]

都市と建築の連続性を持つ空間の提案

鈴木 寿明(すずき としあき)
千葉大学・工学部・都市環境システム学科

鈴木寿明都市空間は建築の間のただの「隙間」なのか?
現在、空間の計画は分業化され一般的な建築物は外部空間を考慮した設計がなされず機能が建築に閉じ込められている。それにより個々の建築は孤立化し、関係性を失い、都市から建築が独立している。これにより殊更都市部において、都市空間は表情をなくし、人々にとって始点と終点をつなぐ物理的空間でしかなくなっている。都市と建築が連続性を持ってこそ、建築がその都市に建つ意義が生まれ都市はそれぞれの場所性を得るのではないだろうか。本提案では、都市と建築が連続性を持つための設計プロセスを考案し、私の住むまち千葉をケーススタディとしてオフィスと住戸の複合施設を計画する。

作品シート1

作品シート2

ページ上部へ戻る